gnavi_sub

村上水軍の歴史

瀬戸内のほぼ中央に浮かぶ島・因島は、かつて、瀬戸内海の海上交通の要塞として、村上水軍の活躍の場となっていました。

村上水軍は、特に14世紀から16世紀の戦乱の時代にかけて、中国の明や朝鮮、東南アジア各国と交易を行なっていました。その海上での勢力は、国内だけでなく海外にまで広く村上水軍の名をとどろかせていました。

しかし、戦乱の時代後半になると、海賊禁止令が制定され、村上水軍の活動範囲も狭められたため、その勢力は衰退していきました。

サイトナビゲーションボタン